大気汚染防止法・石綿障害予防規則の改正

Posted on Posted in お知らせ
お知らせ

令和3年4月1日より、大気汚染防止法・石綿障害予防規則が改正され
飛散防止対策が強化されます。

1.大気汚染防止法の概要
令和3年4月1日から
・全ての石綿含有建材に規制対象を拡大
・改正法に基づく事前調査の実施
・石綿含有成形板等の法に基づく作業基準の適用
・事前調査の掲示板の大きさをA3版以上と規定
・作業基準の遵守違反者に対する直接罰の導入

令和4年4月1日から
・一定規模以上の建築物等で事前調査の報告
令和5年10月1日から
・「必要な知識を有する者」による事前調査の実施

2.環境省ホームページにて改正大気汚染防止法について
動画を公開しております。
【法改正説明動画】

1.石綿障害予防規則の概要
令和2年10月1日から
・ケイ酸カルシウム版1種を切断・破砕する工事は作業場の隔離
が義務化
・成形版等の除去工事は、切断・破砕によらない方法で行うこと
が義務化
・仕上塗材を電動工具で除去する工事は作業場の隔離が義務化

令和3年4月1日から
・工事対象となる全ての材料について石綿の有無を調査し
調査結果を3年間保存することが義務化
・石綿含有保温材などの工事の届出が14日前に義務化
・資格者による取り残しの確認が義務化
・作業の実施状況を写真等で記録し、3年間保存することが
義務化

令和4年4月1日から
・事前調査の結果等を電子システムで届け出ることが義務化

令和5年10月1日から
・事前調査は厚生労働大臣が定める講習を修了した者が行う
ことが義務化

2.厚生労働省ポータルサイトにて石綿障害予防に関する情報を
公開してます。
【石綿障害予防規則ポータルサイト】

大気汚染防止法改正について20210219

石綿含有断熱材撤去

石綿含有塗膜剥離工事

石綿含有京壁撤去工事

吹付石綿除去工事